2006年03月23日

アンフェア

目には目を 復讐には復讐を アンフェアにはアンフェアを

最終回の前日にもう一度犯人予想を書こうと思ったんですが、何故かネットが繋がらないというトラブルがあったので書けませんでした。
予想といっても演出上分かりやすかったので、犯人が分かった人が多いと思います。
だって前回の放送で安藤以外は怪しい表情してたからね。唯一怪しさゼロの描かれ方してる時点で犯人だなと思ってしまいます。
でもストーリーとしては犯人が安藤であることは意外なので良かったと思います。そんな演出をしなければ犯人予想も難しかったのではと思います。

それと最終回にオープニングのナレーションをした人が犯人だろうというのも途中で思ったんですが、そのときにはすでに誰がナレーションをしたのか分かりませんでした。ちゃんとそれもチェックしてた人は、完全に犯人が分かったということです。

連ドラは最終回が面白くないことが多いけど、サスペンスの場合は最終回も面白いです。そこまでの謎が明らかになるから、それなりに満足感は得られます。まあ、掘り下げていくと納得の出来ないことも出てくると思いますけど。

ただ今回の不満は父親の事件が何の関係もなかったことです。
ということは父親の事件は何の解決もしていません。
スペシャルでもやろうという魂胆なんでしょうか。
スペシャルの可能性があるだけの視聴率だったからよかったけど、視聴率悪かったらスペシャルはあるわけがないので父親の事件は永遠に迷宮入りするところです。
別に今もスペシャルが決定したわけではないですけどね。

ただ僕的に話の中に何度か出てきた父親の事件がこのままじゃ気持ち悪いので、是非スペシャルをやって欲しいです。
【関連する記事】
posted by 笑わない男 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15297812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。