2006年04月05日

PRIDE 武士道 -其の拾-

武士道 -其の拾-の感想です。
ショックからまだ立ち直れないでいます。
まさか五味が負けるなんて。
しかし大会自体は素晴らしいものでした。

ハンセンがまたもや膝でアゼレードをKOしました。
今大会で一番楽しみにしていたカードで、そして期待通りの内容の試合でした。

パルヴァーはやっぱり強かった。今成の欠場で急遽出場が決まったアライケンジも頑張ったんですけどね。

近藤がまさかの秒殺KO負けです。相手は全然好きになれないバローニです。長南も秒殺したりと活躍してるんですがパッとしないと感じるのは僕だけでしょうか。

美濃輪vsジャイアント・シルバは無差別級の査定試合なんでしょうかね。
シルバ相手じゃ査定にならないと思うんですけど。
中村はジョシュ、田村はノゲイラ相手に査定試合をしたというのに。
無差別級日本人3人決まってるし、美濃輪はウェルター級トーナメントでいいです。

そして衝撃の五味対アウレリオ。
はっきり言って五味の完敗です。モチベーションが上がらないとか、そういうレベルじゃないと思います。負けるなんてこれっぽっちも思っていなかったので負けた瞬間、呆然としてしまいました。
負けたものは仕方ないし、弱点があったと言うことです。ライバルがいないとか言うてる場合ではありません。復活を期待しています。

それにしても今年に入っって、ハリトーノフ、五味と好きな選手の負けが続いています。僕が応援してるせいかな。

それと無差別級の開幕戦で吉田対西島洋介が決定しましたね。これで日本人の2ndROUND進出決定です。
posted by 笑わない男 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16203346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。